WEBマーケティング

グーグルアドセンス1週間で1発合格!

グーグルアドセンス合格

今までアメブロ、facebookもやったことがないトバチャンですが、2019年12月、一念発起して人生初めてのブログ、トバチャンドットコムブログ、略してトバブロをスタート。

どうせやるなら全力モード。年内にグーグルアドセンス合格を1つ目の目標に取り組んでみました。早くて1日、遅いと2週間ぐらい審査期間が必要と言われていて、いつ審査が終わるのかな?とドキドキしつつ待っていました。

結果、ちょうど1週間で無事に1発合格できました!!!

せっかくなので、どうやって1週間で1発合格できたのか、これからブログを始めようとする方の為にも公開しちゃおうと思います。

アドセンスに合格したときの状況は?

・記事数:9~15記事(テキスト1,500~2,000文字前後)
・プライバシーポリシーあり
・免責事項あり
・アフィリエイト広告あり

一番気になるのはきっと記事数ですよね。私も一番気にしたのはそこです。審査の申請をしたときは、3カテゴリーでそれぞれ3つずつ記事を用意しました。

なぜその記事数にしたかは完全に感覚です。カテゴリーが複数ある場合、すべてのカテゴリーにおいていくつかのコンテンツが必要だろうと思いました。また、3つずつあればコンテンツとしてはだいたい成り立つので、3カテゴリ各3記事ずつでいってみようと決めました。

そこから審査中も毎日1記事ずつ書き続けていたので、審査のときに記事数がいくつだったのかは私にも分かりません。ただ、20も30も記事を作っておく必要はなさそうです。

では、もう少し補足しますね。

そもそもグーグルアドセンスって何?

Googleが提供しているコンテンツ連動型の広告配信サービスのことです。

企業側からすれば、このサービスを活用することで検索エンジン以外のWEBサイトでも広告露出をすることが可能になります。

私(ブログ運営者)側にとっては、自分のWEBサイトにGoogleが提供する広告を掲載することで収益を上げることができます。

この広告はアフィリエイトとは異なり、自分で広告の内容を選ぶことはできません。ただ、Google社はAI・人工知能の研究開発も進んでおり、ユーザーに最適な広告を出してくれますので、運営側が意図的に選ぶよりもユーザーにとっての価値は高いと思います。

参考までに。広告を運用する側だとよく分かるのですが、広告配信を行うターゲットを設定する際、興味・関心で絞り込むことが最近では主流になってきており、Google AdSenseでも同じで、ユーザーの履歴など、様々な情報を駆使してユーザーに最適だと思われるコンテンツ・広告が配信されます。

さらに補足すると、Google社が目指すのは、ユーザーが情報にたどり着くまでの最短距離を常に模索している会社です。そのような企業がお客様にとって不親切な広告を出すのは考えにくいですよね。っということで個人的には信頼・安心できる広告サービスです。

プライバシーポリシー・免責事項って何を書くの?

きっと検索すればテンプレートが大量に出てくると思いますので、ぜひサンプルを探してみて下さいね。

・プライバシーポリシー

収集した個人情報をWEBサイト運営側がどのように取り扱うかを説明するページになります。WEBサイトでこのページがないサイトはないと思います。表現としては、個人情報保護方針、個人情報について、など表記はWEBサイトによって様々です。

・免責事項

こちらは法的な話とは別になりますが、不測の事態にWEBサイト運営者側が責任を免れる内容を記載するページになります。

会員サービスを行っていて個人情報を収集したり、EC・物販を行っていたりすると必ず必要だと思いますが、ブログでは不必要かもしれません。あってマイナスはないので、余裕があれば準備しておくと良いと思います。

後、これは私がWordPressで選んだテーマに入っていたから悩んだのですが、ブログ運営者側の情報をどこまで出すか、氏名、電話番号、住所、メールアドレスなどの個人情報ですね。結論的にはほぼ不要です。私は名前も本名ではなく、読んでほしい名前を入れてます。

一番大事なことは何?

Googleの定めるコンテンツポリシーを遵守すること。Google社が考えるユーザーにとって魅力的で価値のあるコンテンツ、WEBサイトであればよいのですが、そこをいきなり目指すのはつらいだとうと思います。

まずは、不正なコンテンツ、ユーザーが不利益を被るようなサイトになっていないか、人様に見てもらって問題のないWEBサイトかどうかを意識しておけば良いと思います。

ぜひコンテンツポリシーは一度目を通しておいた方が良いと思います。WEBサイトを運営するにあたっては常に守るべきガイドラインになりますので。

最後に

人によっては、3記事から5記事でもグーグルアドセンスに合格した!っていう方はいらっしゃるかと思います。そこで最短記録を目指そうと少ない記事で審査を申し込むと落とし穴がありますので注意してください。

一度審査に落ちてしまうと、2週間は再審査ができないようですので。

そして、何より大事なのはユーザーファースト。あなたのWEBサイトを客観的に見てユーザーにとって使いやすくできていますか?

不愉快な情報、内容が記載されていたり、他人の利益を脅かすような素材や情報を使ったりしていませんか?

他のWEBサイトの画像を使ったり、他のサイトで記載されているテキスト情報をそのままコピーしてコンテンツを作っていたりなど、モラルに反するようなことは論外。

WEBサイトのルールを守りながら有益な情報提供、コンテンツ制作を行っていきましょう!本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ