HAPPY LIFE

やる気があるけど動けないときの対処法

動けない1

みなさん、こんにちは。トバチャンです。

やる気は満々なのに、体が動かない。

家に帰って仕事を持ち帰って頑張ろう!って思っても椅子に座るのもつらい。

そのまま横になって、テレビ観ながらボーッとしてしまうことないですか?

振り返ると、私の場合は自分をかなり追い込んでるときに、たまにこの状態になるんですよね。

今までは、こういうときは身も心も弱ってるから今は休もう!って思ってたけど、どうやら違ったようです。

トニーさんの本音ブログを見て、書かれていた真実に驚きつつも納得。

自分でも実践する為に調べて考えてみました。

やる気があるけど動けないとき

どういうときになるのか、過去の自分の行動を振り返ってみました。

・全力で取り組んでいるとき

・休みの日も家で仕事をする日が続くとき

・睡眠時間が普段よりも少ないとき

・体を動かさずにデスクワークに没頭しているとき

・全力で取り組んでも結果が出ないとき

・やるべきタスクが溢れて何から手をつければ良いか分からないとき

・休憩もしないで1日中仕事をしているとき

精神的にも肉体的にも自分を追い込んでいる時が多いように感じる。

でもよく考えたらデスクワークが大半で肉体は疲れていないかも。

動ける時はどんな時?

いきなりですが、昨年からスポーツジムに通い始めました。

以前は遅くても夜20時には帰宅する生活でしたが、ジムに通い始めた頃は夜21時から23時頃にジムでトレーニング。

帰宅する頃には日付が変わるような時間になる生活。

ここまで活動が変わると風邪をひいたり体調を崩すか?と思いましたが、むしろ絶好調。

仕事の面でもかなり追い込んでいたので、精神的にも負担は大きかったと思います。

あれ?精神的にも肉体的にもダブルで追い込んでるときって動ける?

やる気2

やる気があるのに動けない原因は?

どうやら、うまくメンタルが回復できていないことが原因のようです。

無理しすぎると脳から指令が出るんですね。

では、脳からストップが出るのはどんな時なのかを調べてみました。

どうやら大きく分けると3パターンあります。

 

①やりたくないけど「やらないといけない!」と思っているとき

自分の気持ちを騙して無理してるってことですね。

②成功して評価されたい!昇進したい!と思っているとき

どうやら今はできない自分を認めてしまっているみたいですね。

③やる目的が曖昧なとき

そもそも本気になってないということですね。

やっぱり肉体的な疲れは関係ないみたいですね。

動けるようになるための対処で気をつけることは?

・やる気があるのに動けない自分をダメな人間だと思うこと。

・さらに精神的に頑張るように追い込んでしまうこと。

脳が無茶しないように体に指令を出しているのに、さらに追い込むのは危険。

それこそ心が病んでしまう可能性があります。(少なからずすでに病んでいる状態)

動けない2

やる気があるのに動けないときはどうすれば良いのか?

かなり情報が整理できたので、最後に対処方法をまとめていきます。

対処法は7個あるのですが、きっとどれも正解。

やる気があるのに動けないときの原因もたくさんあるので、に合った対処法、自分に合った対処法を使うのが一番。

それではあげていきます。

 

①しっかり睡眠をとる

3大欲求の一つ、「睡眠欲」をしっかりと満たす。

身体も心も休めたいときはまずしっかり睡眠をとること。

 

②本当にやる気を出す

やる気があると思ったけど、本音ではやる気がなかった場合。

やる理由が不明確な時や自分にとってのメリットを感じない時。

仕事が溢れて思考が停止してしまっているときなど、やる気がなくなっていることをまず自覚する。

そして、やる気を高める為に自分で動機付けをすること。納得するまで動かないことも必要です。

やる気1

 

③自分を高く評価する

頑張ってできるようになるのではなく、できるからやるという考え方に思考を変える。

できないことを頑張ろうとしても長続きはしないもの。

自分ならできるからやるのだという意識でやれば、少なからず余裕が生まれて動きやすくなります。

 

④ハードルを下げてみる

自分の評価を上げにくい場合は、目標のハードルを下げてみる。

簡単なこと、できることをコツコツ重ねて、少しずつチャレンジしてみる。

できることをやることになるので、気持ちに余裕が生まれて動けるようになります。

 

⑤理解者に共感してもらう

自分で自分を評価しづらいときは、まわりで自分のことを理解してくれる人、家族や中のいい友達に助けてもらう。

抱えている仕事を話したり、状況を少し話すだけでもすごく精神的にはすごくいい影響。気持ちが楽になって動きやすくなります。

 

⑥肉体的にも追い込む

実はこれも効果があるみたい。

肉体的にも精神的にも疲れることで、どちらも回復しやすくなるようです。

実際、私の場合でも仕事で追い込みつつ、さらに仕事が終わったら帰宅前にジムによって肉体的にも追い込んでから帰ると、行動面でもキープできてました。

 

⑦思い切って休んでみる

脳が指令を出すほど弱っているのは、今まで頑張ってきた証拠。

特に真面目な人が多いと思うのですが、そういう人は少し休んだらずっと休むなんてことはあまりないので、休んでも大丈夫。

少し休んで気持ちをリフレッシュして頑張ろう!

さて、私は今日の学びをどう生かすか。

まずは筋トレして肉体的に追い込む!

そして一番の理解者、家族と過ごして回復したいと思います。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ