HAPPY LIFE

笑ってごまかす癖を治す方法

ごまかし笑い1

みなさん、こんにちは。トバチャンです。

最近、会社の上司から注意を受けました。

完全に無意識でしたが、ごまかし笑いが癖になってしまっているようです。

注意されてから意識してましたが、改善できておらず、また注意されました。

これは意識だけでは解決しないと思ったので、調べて対策をとることにしました。

ごまかし笑いはどういうときにしてしまう?

・物事を真剣に考えず適当に考えているとき

・焦っている気持ちを隠したいとき

・あまり良く分からないのを隠したいとき

・泣きたいぐらい辛いのを我慢しているとき

・相手のことを馬鹿にしているとき

・いつも笑うように意識しているとき

・イライラした気持ちを抑えたいとき

・自分の感情を隠そうとするとき

・まわりから好かれようと思うとき

・自分に自信がないとき

・社会や周りの人とうまくやりたいとき

・誰かから愛されたい、良く思われたいとき

・場の空気に耐えられないとき

・甘えたいとき

・ミスを隠したいとき

・自分を受け入れてほしいとき

 

まわりを意識して行う場合、

完全に逆効果なのに気づかないものですね。

防衛反応として精神状態を保つため、

無意識にしている部分も多分にあると思う。

愛想笑い2

笑ってごまかす人の印象・イメージはどうなる?

・不誠実で信用できない

・頼りないから任せられない

・真剣に聞かないから相談したくない

何一つ良いことは無いように思えますね。

自分が無意識でしていると思うと恐ろしくなります。

どうすれば治せるのか?

ごまかし笑い、愛想笑い、へらへらすることは百害あって一利なし。

コミュニケーション方法としては、すぐに解決すべき問題だということは分かりました。

やりたくてやっているわけではなく、むしろ無意識でやってしまっているのに対処方法はあるのか?

調べました。

生まれたとき、幼いときはしていなかった、ごまかし笑い、愛想笑い。

育ってきた環境、仕事をしてきた環境で、体が自分を守るために必要として備わったもの。

対処1)自分の気持ちを知る。自分と向き合うこと。

笑ってごまかしながら、自分の感情を殺してしまっている。

まずは思ったことを口に出す、書き出す、思い出すことで、

自分の感情を、自分が知り、受け止める。

きっと自分が知らない本音がたくさん出てくる。

知りたくない感情もあるかもしれないけど、弱い自分も受け入れる。

それって人間味があるってことにもなるので、すごく良いこと。

辛い1

対処2)自分の気持ちの理由を探す

なんで笑っているの?

何を隠しているの?

何が恥ずかしいの?

誰に対して笑っているの?

笑ってどう思われたいの?

何を我慢しているの?

 

口に出したこと、紙に書きだしたこと、

見える化して自分で気づいた感情の理由を考えてみる。

メリットがないのは分かったけど、今まで自分を守るために無意識にしてきたことがそんなにすぐに治せるか?

さらにもう少し考えてみることにした。

対処3)心から笑ったら記録してみる

最近、楽しくて面白くて笑ったのはいつだろう?

心から笑いたくて、我慢できなくて笑ったのいつ?

案外思い出せない。これって重症?

愛想笑いしすぎて自分の気持ちが分からなくなっている。

無理して笑ってきたせいなのか、いつからか笑う感情も薄れてしまった?

自分の感情を抑えすぎて、何を考えているのか分からないのか?

深く考えることから逃げて、適当にしか考えなくなったのか?

 

これからは笑いたいときだけ笑おう!

そして、笑ったらその日のことを忘れないように記録しよう。

そうやって一つ一つ感情を取り戻していく。

そして、笑うべきときに笑うことができる自分になっていこう。

ごまかし笑い・愛想笑いのデメリットは?

仕事関係、職場でのマイナスを考えてみる。

・相手にされない

・部下から舐められる

・信用されない

・評価されない

・昇進・昇格できない

存在意義すら怪しくなりますね。冷静に考えたらよくこれまでやってこれたなと思う。

まわりにごまかし笑いをする人がいたら

ぜひ優しい気持ちで接してあげよう。

きっとその人は好き好んで愛想笑いはしてないと思う。

むしろ何かを我慢してつらい状況にいるんじゃないかな。

そして私のように自分では気づいていないと思う。

だからぜひ、どうして笑っているの?と声をかけてあげてほしい。

我慢1

今日からからごまかし笑いをやめてみる

無意識にしていることだから、すぐにやめられるかは分からない。

でもやり続けるメリットは何もない。

ここからは指摘してくれた上司に感謝して変わるのみ。

明日からではなく今からごまかし笑いを止めてみる。

そして自分が今何を感じているのか、自分と向き合う。

思ったことを口に出してやっていこう。

 

この結果どうなったかはまた記事に書きますね。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめ