投資&節約術

年収850万円になるとどんな生活ができるの?

年収850

2020年1月から所得税が見直されます。

年収が850万円を超える会社員や公務員の方が増税となり、フリーランスや自営業者の大半が減税になります。ただし22歳以下の子どもがいる世帯や特別障害者控除の対象者がいる介護世帯など、増税にはならないようですね。

結果、給与所得者の約4%(約230万人)が増税になる予測となっています。そもそも年収850万円だとどのような生活なのか、見ておきたいと思います。

年収850万円の手取りは

手取りは、基本給や残業代、各種手当てなどの額面給与から、各種税金や社会保険料を引かれた金額になります。実際にお給料として会社から振り込まれるお金ですね。

手取りは額面給与の75~80%ぐらいになると言われています。さらに細かく計算すると、

年収850万円の場合は住民税が50万円、所得税55万円、社会保険料120万円ほどになりますので、手取りは約625万円になるようです。単純に12カ月で割ると、52万円です。

年収850万円の生活

厚生労働省にて年収800万円以上の方については、年齢別の構成比が出ていましたので紹介します。

30代 2.6% 40代 8.6% 50代 13.8%

40代でも1割に満たないんですね。

次に平均の金融資産はどうでしょうか?

単身世帯…2,000万円

2人以上の世帯…1,000万円

年収850万円になると、家庭があっても金融資産は1,000万円を超えてきてますね。

続いて支出についてはどうでしょうか?

家賃・住宅費…手取り月収の25%の場合、約13万円

貯蓄…手取り月収の20%の場合、約10万円

残りは29万円程ですので、ここから生活や教育にかかる費用を引いてもかなり余裕のある生活ができると思います。ただ、独身生活が長い方の場合、結婚してからも支出が多い生活を送るのは難しくなります。

また、最近だと幼稚園の時から毎日のように習い事に通わせてたりと教育費が以前よりもかかる家計もありますので、通信費を絞ったり、外食の頻度はある程度決めるなど、一定の家計管理はやはり必要になります。

年収850万円の仕事

まずは役職別で調べてみました。

役職別年収

部長…1,036万円(平均年齢52歳)

課長…  837万円(平均年齢48歳)

係長…  670万円(平均年齢44歳)

一般…  489万円(平均年齢39歳)

課長クラスでも年収の高い業界でないと850万円には届かないですね。

次に、業種別で調べてみました。

サラリーマンの業種別年収ランキング

1位…759万円(電気・ガス・水道)

2位…631万円(金融・保険業)

3位…622万円(情報通信業)

4位…519万円(製造業)

5位…501万円(建設業)

また、サービス業のは場合は363万円など、民間企業のサラリーマンの場合は業種によっての差が非常に大きくなります。

その他、弁護士で829万円、投資銀行で825万円、運用ファンドマネージャーで803万円となっています。

ビズリーチでも調べてみました。支店長、事業部長クラス、コンサルタント、1級建築士などほんの一握りしか、年収850万円を超える求人募集は出てきませんでした。

転職
転職したいと思ったらすべきことはコレ!トヨタ自動車の社長でさえも終身雇用の維持は難しいと発言された今、新卒で入社した会社で定年退職するまで働くというのは減っていくのだろうと思...
850万円の家族

 

年収850万円を超えるには

2020年より所得税が上がるのは850万円からということで、850万円の方の場合、自分は関係ないと思っている方が多いのではないでしょうか。これは他人事ではないかもしれません。今後、対象の年収が引き下げれるかが分からないからです。

数年前と比べると日本のサラリーマンの年収は明らかに上がりにくくなっており、データでも年齢別の平均年収が下がっていることが顕著に出ています。

老後2,000万円不足問題も話題になりましたが、いかに収入・資産を増やすのかは年収が850万円に満たない方の方が深刻かもしれません。

また、資産運用について、数年後には小学校でも授業に取り入れることが決まりました。

2020年は資産形成、資産運用を学ぶ、取り組む時代になりそうです。

不動産投資クラウドファンディングがブームになる!?不動産投資クラウドファンディングがブームになる!? 2018年に起こった不正融資の問題、スルガ銀行の不適切融資1兆円超えの報道。 ...



こちらの記事もおすすめ