投資&節約術

積み立てNISAと貯金を比較してみた!

積み立てNISA

みなさんこんにちは。トバチャンです。

積み立てNISAが話題になってるけど、本当に始めるべき?

貯金しておくのと積み立てNISAならどっちがお得なのか、比べてみました。

積み立てNISAについて、このページを見れば一通り理解できると思います。

目次もありますので、気になる内容を選んでみるのもおススメです。

では、早速いきます。

積み立てNISAとはどんな制度?

つみたてNISAは、年間40万円まで非課税で積み立て投資ができる、積立投資専用のNISA(少額投資非課税制度)です。

従来のNISA(一般NISA)同様、投資で得られた売却益(譲渡益)や分配金が非課税の対象となる制度。

今なら20年間積み立てられますので、年40万円×20年間で800万円の積み立てができます。

積み立てNISAと他のNISAとの違いって何?

「NISA」…

非課税投資枠は年間120万円、非課税期間は最大5年。

年120万円×5年間で600万円の積み立てが可能。

投資対象の商品は豊富。上場株式、ETF(上場投資信託)、リート(不動産投資信託)、投資信託。

「つみたてNISA」…

非課税投資枠は年間40万円、非課税期間は最大20年。

年40万円×20年間で800万円の積み立てが可能。

投資対象の商品は限定的。金融庁による一定要件を満たした投資信託とETFのみ。

「ジュニアNISA」…

非課税投資枠は年間80万円、非課税期間は最大5年。

年80万円×5年間で400万円の積み立てが可能。

投資対象の商品は豊富。上場株式、ETF(上場投資信託)、リート(不動産投資信託)、投資信託。

2023年で新規口座開設は終了。

大きな違いは積み立て期間と非課税で積み立て可能な金額の上限が異なります。

積み立てNISAのメリットとデメリットをチェック!

積み立て

積み立てNISAのメリットは5つ!

つみたてNISAのメリット①運用益が非課税

通常は利益に対して20.315%の税金がかかりますが、20年間は非課税になります。

つみたてNISAのメリット②少額から可能

安い金融機関は100円から、高くても1000円から積み立てできます。

つみたてNISAのメリット③いつでも引き出し可能

iDeCoは老後資金準備が目的の為、60歳まで引き出しできませんが、積み立てNISAはいつでも引き出すことができます。

つみたてNISAのメリット④年齢の制限がない

iDeCoの場合は、年齢の上限が決まっていますが、積み立てNISAは何歳からでも始められます。

つみたてNISAのメリット⑤初心者でもできる

毎月淡々と買い付けていくので、投資タイミングの判断などの専門的なノウハウや経験が不要で、買い付けの手間もかかりません。

積み立てNISAのデメリットは3つ!

つみたてNISAのデメリット①元本が保証されない

金融庁が厳選した投資商品とはいえども元本割れのリスクはあります。

つみたてNISAのデメリット②投資商品は限定的

個別株式やREIT(不動産投資信託)は対象になっています。

つみたてNISAのデメリット③節税には不向き

iDeCoとは異なり、所得控除の対象にはなりません。さらに損益通算、損失の繰越控除、非課税枠の繰越もできません。

積み立てNISAの利用者数や普及率はまだ少ない!

利用者数
一般NISA 1,170万口座
積み立てNISA 170万口座
ジュニアNISA 34万口座

2019年9月時点での実績はこちらの通りです。

積み立てNISA利用者は40歳代が約26%で最多、次いで30歳代が約25%など、20歳代~40歳代が60%を超えています。

20歳以上の日本の人口は約1億人を分母にしてみると普及率は1~2%、まだまだ利用者は少ないですね。

積み立てNISAに必要な手数料は信託報酬と信託財産留保額のみ!

積み立てNISAにも手数料はあります。信託報酬と信託財産留保額です。

自動で買い付けて運用はお任せする仕組みですので、運用代行の手数料が発生します。

信託報酬は商品によって変わり、年0.0938~1.65%の範囲になります。

信託財産留保額は、解約手数料のことですが、かからない商品もあります。

 

積み立てNISAと貯金の積み立て金額を比較!

毎月3.3万円を積み立てる場合で計算してみました。

5年後 10年後 20年後
自宅保管 198万円 396万円 792万円
普通預金(0.001%) 198万49円 396万196円 792万789円
積み立てNISA(3%) 213万3342円 461万1467円 1083万3966円
積み立てNISA(5%) 224万4201円 512万4315円 1356万4111円

信託報酬が1%、利回り4%の場合は、4-1=3%で見ると、

1083万ー792万=291万円のプラスとなります。

こちらは、金融庁ホームページでシミュレーションできます。

積み立てNISAの上手な活用方法

・信託報酬が低い投資商品を選ぶ

・商品(銘柄)の多い金融機関を選ぶ

同じ商品(銘柄)に信託報酬は一律。どこの金融機関でも同じ。

・ポイントバックなど他のメリットも判断基準に入れる

積み立てNISAの投資商品を選ぶ基準は?

株式型は他の資産に比べてリスクもリターンも高くなる傾向があり、

地域で見ると、国内より先進国、先進国より新興国がリターンもリスクも高くなる傾向。

・リスクは高くてもリターンを増やしたいなら株式100%

「新興国株式型」「先進国株式型」「国内株式型」

・リターンは減ってもリスクを下げたい安定派なら複合タイプ

「複合資産(バランス)型」

インデックスとアクティブ運用って何?

運用方法には2種類あります。インデックス運用とアクティブ運用です。

インデックス運用

・「日経平均株価」「TOPIX(東証株価指数)」「S&P500」の値動きに連動
・代表的な指数に連動するので、値動きが安定・イメージしやすい
・手数料が低め

アクティブ運用

・代表的な指数(インデックス)を上回る運用を目指すもの
・リスク・リターンはファンドマネジャーの腕次第
・手数料が高め

積み立てNISAのおすすめ商品

積み立て投資

正解はありませんが、積み立てNISAは長期運用の為、手数料が低い商品の方が良いと言われており、そうなると、おススメはインデックス運用の商品になります。

また、迷ったら人気商品を選ぶという方法もあります。多くの方が選んでいるということは、何かしらの実績や根拠があると思いますので、人気の理由も確認して選ぶと良いと思います。

また、過去の傾向から予測した平均利回りは、1.43~3.84%と千葉銀行のWEBサイトでは掲載されていました。

積み立てNISAのおすすめ金融機関

圧倒的に人気なのは、楽天証券とSBI証券。

どちらも商品(銘柄)が多いのが最大の魅力ですが、加えて、楽天証券は楽天ポイント、SBI証券はTポイントが貯まるのが魅力です。

積み立てNISAと貯金との比較結果について

元本保証はされないものの、予測では大きな差が出ることが分かりました。

毎月3.3万円を積み立てることで、20年後には300万円~500万円も差が出る可能性のある制度。

ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。最後までお読みいただきありがとうございました。

iDeCoについても知りたい方はこちら▼

iDeCoって本当に必要?
iDeCoって本当に必要?みなさんこんにちは。トバチャンです。 iDeCo(個人型確定拠出年金)って本当にすべきなの?って思っている人も多いですよね。 ...
こちらの記事もおすすめ