投資&節約術

100万円で資産運用!低リスクで高効率な方法は?

100万円_資産運用

こんにちわ!トバチャンです。

2020年は資産運用元年とも言われてますが、堅実に資産を増やしていくにはどうすれば良いのか。

余剰資金を資産運用に回すことを考える方が大半だと思います。

まずは100万円を元手に資産運用を行う場合についての情報を整理しました。

では、詳しく見ていきましょう!

100万円でできる資産運用の選択肢には何がある?

・定期預金

利回り 0.02~0.25%

原則、途中解約ができない+中にも元本割れリスクのあるものもあり。

・個人向け国債

利回り 0.05%

原則、途中解約ができない。

・株式投資

利回り 5%

毎日の変動大。長期で安定した利益は期待できない。配当金によるインカムゲイン、売買の差額によるキャピタルゲインあり。

・FX(外国為替証拠金取引)

利回り 不明

9割がマイナスだと言われている。通貨ペアにより利回りも大きく変わる。少額からの投資、レバレッジを効かせることも可能だが、大きな損失を被るリスクも高い。

・投資信託

利回り 3% (3年の運用が基準)

1年での運用ではマイナスの可能性も大。3年以上の運用が必要。複数銘柄での運用となることから価格変動リスクが抑えられる傾向あり。

・仮想通貨

利回り 不明

2017年は億り人を生み出す現象も発生したが、2018年に暴落。株式投資と同じく、毎日の変動大。長期で安定した利益は期待できない。

・ソーシャルレンディング

利回り 2~8%。

仕組み上、長期での運用不可。3ヵ月~1年以内が大半で長くても2年弱。元本割れのリスクは0ではない。レバレッジは効かない。早期償還リスクあり。途中解約もできないことが多い。

・不動産投資クラウドファンディング

利回り 4~10%

元本割れのリスクは0ではない。レバレッジは効かない。早期償還リスクあり。

比較した結果、リスクが低いのは、定期預金か個人向け国債が一番になりますが、利回りが低くなります。一定のリスクはあるものの利回りが高い投資は不動産投資クラウドファンディングになります。

不動産投資クラウドファンディングの中でも、会社、ファンドによって利回りが変わってきます。続いて、会社ごとの比較をしていきます。

100万_資産運用_追加

100万円でも低リスク、高効率でできる不動産投資クラウドファンディング会社比較

会社によって差がかなりありますね。

各社が現在掲載しているファンドの情報を整理しました。

利回りの高い順 ↓

・みんなで大家さん

利回り 6~7% 運用期間 5年

みんなで大家さん

・大和財託 みんなで資産運用
利回り 5~6% 運用期間 3年

みんなで資産運用

・RENOSY ASSET(リノシーアセット)

利回り 4~8% 運用期間 3ヵ月~

上場企業がやっぱり安心できるという方には▼


・SYLA FUNDING(シーラファンディング)

利回り 4~5% 運用期間 3ヵ月

・FANTAS funding(ファンタスファンディング)

利回り 3~5% 運用期間 半年~1年

これから利回りの高いファンドが出てくる可能性あり▼


・Jointα(ジョイントアルファ)

利回り 3~5% 運用期間 半年~1年

・CREAL (クリアル)

利回り 3~5% 運用期間 半年~1年

・Owners Book (オーナーズブック)

利回り 2~6% 運用期間 2年

※ソーシャルレンディングでも高利回りの会社はこちら↓

・CROWD CREDIT (クラウドクレジット)

利回り 4~11% 運用期間 7ヵ月~

・LENDEX (レンデックス)

利回り 4~11% 運用期間 3ヵ月~

運用期間もかなりバラつきがあり、3ヵ月~5年まで幅広くなっています。初心者の方は期間が短いものでトライしてみるのも良いのではと思います。

出資金の保証その他、サービスについても各社様々となっています。会社によっては無料で資料請求ができる会社や、登録だけすれば詳しい案内が届く会社もあります。

ぜひそれぞれの会社のWEBサイトにて吟味してみてくださいね。

私も実際に不動産投資クラウドファンディングへの投資もしていますので、そちらはまた別の記事で結果を報告したいと思います。

不動産投資クラウドファンディングがブームになる!?不動産投資クラウドファンディングがブームになる!? 2018年に起こった不正融資の問題、スルガ銀行の不適切融資1兆円超えの報道。 ...

 

こちらの記事もおすすめ