HAPPY LIFE

お年玉の相場はいくら?年齢別で調べてみました。

毎年悩んでしまうお年玉。去年はいくらあげたっけ?他の親族はいくらあげるの?最近の相場っていくら?地域で相場は変わるの?気になったのでみなさんも同じだろうと思い、まとめてみました。

幼稚園・保育園まで(6歳まで)

500円~1,000円。祖父母から孫に渡す場合は1,000円~5,000円になってます。その他の親戚や近所の子供は500円~1,000円が多くなっています。友人・知人の子供は1,000円が多い傾向。

小学校低学年(7歳~9歳)

1,000円~3,000円。祖父母から孫に渡す場合は3,000円~5,000円になってます。その他の親戚や近所の子供は2,000円~3,000円が多くなっています。友人・知人の子供は1,000円~2,000円が多い傾向。

小学校高学年(10歳~12歳)

3,000円。祖父母から孫に渡す場合は3,000円~10,000円になってます。その他の親戚や近所の子供は3,000円~5,000円が多くなっています。友人・知人の子供は1,000円~3,000円が多い傾向。

中学生(13歳~15歳)

3,000円~5,000円。祖父母から孫に渡す場合は5,000円~20,000円になってます。その他の親戚や近所の子供は3,000円~5,000円が多くなっています。友人・知人の子供は1,000円~5,000円が多い傾向。

高校生(16歳~18歳)

5,000円~10,000円。祖父母から孫に渡す場合は5,000円~30,000円になってます。その他の親戚や近所の子供は3,000円~10,000円が多くなっています。友人・知人の子供は1,000円~5,000円が多い傾向。

大学生~社会人

大学生になると、相場は10,000円。ただし、15%ぐらいは0円。アルバイトをする方が多く、人によっては起業してたりもしますよね。流石に自分で稼げる立場でもあるので、大学生の方はぜひお年玉をもらうのは期待しないことをおススメします。社会人になると、約60%の方は0円。大学生になるまでは上がり続けて、その次は同じ金額のまま続けるか、無くなるかのどちらかが多いみたいですね。

参考にしたのはこちら

失敗しない大人のマナー・お札の折り方

何も考えないで折る人が多いのではと思いますが、正しい折り方はこれ。お札は表(肖像)が内側になるよう、左から右に三つ折りにします。そうすると、広げたときに表が上を向いている状態になります。ぜひ折ったらもらった立場になって開けてみて下さい。

みなさんご存じでしたか?知ってる方はかなりマナー意識が高い方なんじゃないかと思います。というのも、もらう方は何より金額は気にするけど折り方は気にしないですよね。じゃあ、上げる方ももらう方も気でいいのでは?と思いがち。でももらうのは子供でも礼儀やマナーの分かっている大人がお金を管理すると考えると、親が確認するので客観的にマナーがわかっているかどうか見られますね。雑学として知ってると気づかないところで評価が上がっているかもしれないですよ。

attention!気をつけよう!

4と9は縁起が良くないので避けておいた方が良いと思います。4,000円とか9,000円のお年玉は見たことももらったこともないのではと思います。それなら3,000円、5,000円、10,000円という風に近い金額に合わせることをお勧めします。

あげる前に確認しよう!

少なからず地域によって考え方が異なるケースはよくあると思います。例えば東京と大阪での収入を比較するとさぞ金額に差が出るだろう。そう思って調べた結果、大差なしでした。むしろあるのが親族でだいたい決まっているパターン。親族だと上げる相手が同じなので、バランスとる為に金額を合わせるもの。あげるタイミングで調べるのもおかしな話なので、ぜひ事前に確認してもらえたらと思います。

QRコード決済の流れでお年玉もキャッシュレス?

気になって探してみました。1年前の調査によると良いと思わない方が70%。ありがたみが感じられない、お金の大切さがわからない、もらった感覚がないなど。利便性も大事ですが、教育やマナー、感情的な部分が日本では優先されるのだろうと思います。

参考にしたのはこちらのWEBサイト 調査のチカラ

おまけ 中国で始まっているユニークな楽しみ方

WeChatの友人や親戚のグループでは新たな習慣もできているそうです。ある人がグループ内に「紅包」を贈ると、グループ内の人がお年玉を受け取れるのですが、金額が均等ではなく、ランダムです。配る金額にもよりますが、数~数十倍の差が出ることがあり、最も「大金」を引いた人は、「運が一番よかった」とも表示されます。

配る数にも限りがありますので、グループの人数が多い場合はスピード勝負になります。いち早く「お年玉」を見つけることができるかというワクワク感があり、子どもよりもむしろ、大人たちが楽しんでいるそうです。

グループ内でお年玉を配る人は、受け取る人から「老板」(ボス)と呼ばれ、お辞儀をしたり、「格好いい」と褒めたりするスタンプが送られます。それらは、ほかの人がお年玉を配ることを誘うことにもなります。

参考にしたのはこちら

中国の知人からも全く同じ話を聞いたので、本当の話のようです。しかも私はしたことはないけど、運試しの要素もあって楽しそうですよね。もしかしたら●●ペイが普及やLINEを使った割り勘など、日本でも現金を使わない仕組みがすごいスピードで普及していますので、遠くない未来に日本でも同じような動きがありそうですね。それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ