HAPPY LIFE

後悔しないランドセルの選び方!

ランドセルの選び方

みなさんこんにちわ!トバチャンです!

我が家の娘もランドセルを選ぶ時期になり、ラン活スタートです。

ランドセルは高いものだと20万円近くしますし、小学校6年間使ってもらいたいですよね。

長男の時に学んだことを活かして、娘にもみんなが満足いくものを選びたいと思います。

初めてランドセルを選ぶけど、どうしたらいいの?
小学校に入る直前で間に合う?いつから探せばいいの?
百貨店?イベント会場?お店?どこで探せばいいの?

初めてランドセルを選ぶ方はたくさんのお悩みがあるかと思います。

そんな思いのみなさんのお悩みを解決できるように情報をまとめておきました。

初めてランドセルを選ぶ方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ランドセル選びの選択肢は何?

いろんなパーツ・素材を使って作られるランドセル。

選ぶポイントもたくさんありますので、まずはこんなにあるんだ!っていうことを把握しておきましょうね。↓

素材 合成皮革、天然皮革。牛、コードバン、クラリーノなど。
黒、赤、キャメル、ブラウン、ピンク、ラベンダー、サックス他。
大きさ A4サイズが入るかどうか。教科書が何冊ぐらい入るか。
背負いやすさ ベルトや背あてが体にフィットするかどうか。
重さ 素材で全く異なる重さ。テキスト入れて背負っても耐えられるか。
価格 平均5~6万円。素材やブランドによって10万円以上の差。
丈夫さ 6素材、デザイン、6年保証、雨対策など。

価格、丈夫さはメーカーによって差が大きい部分。色も背あて部分やベルト、本体部分など、色んなパーツがあります。

我が家の長男の場合は背あてが白色は嫌だ!っている拘りがあったので調べました。

全ての部分が黒色、オールブラックのランドセルってなかなか無いんです。しかも牛皮で探すのは結構大変でした。

ランドセル_黒

子供がランドセルを選ぶポイント

子供が選ぶランドセルの基準は、何より色、装飾などの見た目です。

ステッチでデザインを施していたり、付属のアクセサリーがついていたり。

パーツによって柄や色が異なるものも様々で、ブランドロゴが入っているものもあります。

親としては何より6年間使ってもらいたいところ。

子供が飽きて使わなくなりそうな色や恥ずかしくなって使わなくなりそうな装飾は避けたいですよね。

タワーマンションの家庭ではキャメルを選ぶ傾向が強いといった話もありますが、好みがまわりに左右されることもあります。

買った後にやっぱりあの色に変えたい!って言われると困りますよね。

そうならないように地域にお子さんが何色のどんなランドセルを使っているのか観察しておくと良いかと思います。

ランドセルの選び方

親がランドセルを選ぶポイント

・大きさ A4ファイルが入るか、教科書や筆箱も十分入るか。

これ、めちゃくちゃ大事です。ただA4サイズが入ればいいというわけでもありません。

A4サイズのファイルを入れても余裕があるかどうか。入らないと小学校に入学してから大変です。

毎週上履きを持って帰ってきたり、図書室で借りた本や教科書、連絡用ファイルなど、毎日たくさんの荷物を持って帰ってきます。

ランドセルを試着しに行くと、中に入れるものの重さ、大きさのサンプルもあります。

空っぽのままではなく、中に詰め込んでみて確認してから選ぶのがおススメです。

・重たい荷物に慣れていないお子さんがしっかり持てる軽さかどうか。

素材やデザイン、装飾によってランドセルの重さは変わります。

目安として1100g程度までは軽いと言われていますが、背負ってみないと分からない部分もあります。

ベルトや背あての構造の違いによってフィット感が変わるのですが、それによって感じる重たさも変わってきます。

重量が数値的には重たくても背負うと軽いと感じることもある。

お子さんが気に入ったランドセルが見つかったら、まず背負わせてみてくださいね。

・6年間使える素材や加工、保証サービスがついているか。

6年間の保証サービスがついている会社はたくさんありますが、手間を考えると出来る限り修理にも出したくないですよね。

人工皮革の場合は傷や汚れ、防水加工もメーカーによって様々です。

使ってみないと分からない部分もありますが、事前に調べて不安は無くすようにしておくと良いと思います。

ランドセル_赤

前もって確認!ランドセル費用

最近は親が買うよりも、おじいちゃんおばあちゃんが買う傾向が強くなっています。

どちらの実家が買うかの考えや牛皮がいい等、様々あるかと思いますのでまずは事前に意向を確認しておくのが良いと思います。

加えて、目安の予算も確認しておくと良いです。

安いものだと3万円前後のランドセルもありますが、高価なものだと30万円前後のランドセルもあります。

予算に合った選択肢をお子さんに提示してあげると、気に入ったランドセルが高すぎて買いづらいということにもならないと思います。

片方のおじいちゃんおばあちゃんにはランドセルを、もう片方にはベッドや学習机を買ってもらうなどでバランスをとるのもおススメです。

我が家は、学習机がついたベッドを買ってもらって、両方の実家のバランスをとりました。

続いて、いつからラン活を始め、ランドセルを選んだり試着にいけばいいのかについてのお話です。

ランドセルを探し始める時期

小学校に入学する1年前の冬から春にかけての時期がスタートのタイミング。

幼稚園だと大きい組さん(年長)になる時の2月から5月ぐらいの時期になります。

え?そんなに早いの?と思われる方も多いかもしれませんが、ランドセルは申し込んで忘れた頃に手元に届くものです。

人気のランドセルの中でも、受注生産のもの、職人さんが一つ一つ手作りで作るもの、コードバンなどの素材調達もありますの。

ランドセルは買ってすぐに手に入ると思っていると、売り切れなどの可能性もあります。

理想のランドセルを手に入れるには早めの行動がベストです。

ランドセル_サックス

ランドセル選びの大きな流れ

①カタログ資料請求

2社~3社取り寄せて傾向をつかんだり、じっくり読んで勉強。

有名なところ、ランキングに入っているところ、聞いたことのある会社で資料請求で良いと思います。

ランドセル合同展示会

フィット感や重さや容量など実際に試着したり見てみないと分からないことがたくさんあります。

いろんなメーカーやブランドが集まる合同展示会にお子さんと一緒に参加して、お子さんの好みや合いそうな傾向をつかみましょう。

ここで気をつけたいのが子供の集中力は短いということ。5歳で5分、小学校1年生でも15分と非常に短いんです。

YouTubeなどの自分が好きなものは別かもしれませんが、まだランドセルにそこまで興味がないタイミングです。

なので、イベントに参加してもすぐに飽きてしまい遊び始めますので、1回で決めようと思って参加するとグダグダになって疲れるだけです。

参加することで何か一つでもお子さんの好みがつかめたら、十分だと思います。

後はカタログでは分からないサイズ、重たさや気になることをご両親が確認できればOKというスタンスで参加するのがおススメです。

後は、各社のカタログをかき集めて持ち帰り、自宅で吟味すれば大丈夫です。

参考に合同ランドセル展示会のホームページはこちら

③ランドセル合同展示会、専門店、WEB申し込み

専門店があれば良いですが、WEBだけだったり、店舗の出店エリアが限られる販売会社もたくさんあります。

その場合は合同展示会も様々ありますので、参加企業、日程を確認して参加すればOK。

お子さんには申し込み前に試着してもらうと、お子さんの気持ちも高まって良いと思います。

ランドセルを買ったもらったお礼を言うにも、実際にランドセルを背負って写真をとったり等の体験していた方が言いやすいですよね。

また、ご両親のこだわりが強いとほしいランドセルが楽天市場などのWEBでの限定販売となっている場合もあります。

その際は、不明な点は問い合わせて確認するなどし、WEBで注文となります。

 

いかがでしたか?ランドセル選び、思ったより考えることたくさんありますよね。

ぜひ後悔しないランドセルを選んで、小学校に向けての準備をしましょうね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめ