投資&節約術

太陽光発電投資って儲かるの?

太陽光発電
太陽光発電投資って何するの?

太陽光発電の投資って儲かるの?

こんな疑問に答える記事です。

この記事の内容
・そもそも太陽光発電って何?
・太陽光発電投資の仕組みはどうなっているの?
・土地を活用した投資としての太陽光発電投資のメリット&デメリットは?
・太陽光発電投資は土地を所有していなくてもできるの?
・太陽光発電投資の利回りはどれくらい?
・太陽光発電の投資は儲かるのかについてのまとめ

数年前から流行っている太陽光発電投資ですが、最近になって、太陽光発電投資をしている方によく会うので気になって調べました。

この記事を読めば、太陽光発電投資のことがよく分かると思います。

こちらに情報をまとめてみたのでぜひ参考にしてもらえたらと思います。

そもそも太陽光発電って何?

太陽光発電は、太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式。

自然エネルギーである太陽エネルギーを利用するものです。

ソーラー発電、大規模な太陽光発電所はメガソーラーと呼ばれます。

電車や新幹線で移動中に外を眺めていると、広大な土地によく設置されているあれですね。

太陽光発電投資の仕組みはどうなっているの?

太陽光発電投資は、土地や太陽光パネルなどの設備を使って発電した電気を電力会社に売却して利益を得るもの。

国がFIT制度(固定価格買取制度)によって定めた一定の価格で20年間は買い取ってもらえるもので、相場の影響を受けることなく安定した利益を得られると言われています。

FIT制度(固定価格買取制度)の注意点としては、設備の価格が下がると、買取価格も下げるということ。

2012年以降、太陽光発電が増加傾向にあり、設備投資にかかる費用も低下している為、買取価格も年々下がってきています。

ですので、以前に比べると、投資額は下がりましたが、同時に利益を出しづらくなってきています。

太陽光発電投資を土地を活用した投資として考えた場合のメリット&デメリットは?

・空室や滞納リスクがない(メリット)

不動産だと空室問題や家賃滞納など、入居者との関係において発生するリスクがありますが、太陽光発電の場合は、FIT制度(固定価格買取制度)がある為、それらのリスクがありません。

・融資を利用することが可能(メリット)

不動産投資と同じく融資を受けて投資することができます。

また、1棟不動産投資と比べて必要な資金が低くなる為、年収や保有資産などのいわゆる属性がそこまで高くなくても取り組むことができます。

・天候による損害リスクがある(デメリット)

台風などの自然災害や火災などでシステムが壊れた場合に対してはある程度の保証がつく保険はありますが、悪天候により日照が少なくなり、発電量が少なくなると収入が減ってしまうというリスクがあります。

・FIT制度(固定価格買取制度)で守られるのは20年(デメリット)

投資を始めて20年間の買取は義務づけられていますが、それ以降についてはどうなるか分かりません。

その為、20年間でいくらの利益が出るのかということ、さらに20年後どうすべきかというところも明確にした中で始める必要があるということになります。

太陽光発電投資は土地を所有していなくてもできるの?

土地と太陽光パネルなどの装置をセットで購入する投資もあります。

さらに土地については購入する方法もあれば、賃貸する方法もあります。

購入する場合は、固定資産税が発生しますが、設備が壊れるまで利用し続けることができます。

賃貸の場合は、契約が終了すると返却することになりますし、賃料が上がったり返却時に更地に戻す費用等が発生することになります。

太陽光発電投資の利回りはどれくらい?

平均の表面利回りは10%。「土地付き太陽光発電」、土地購入代とシステム購入・設置費用を含めても、利回りが10%を超える物件が珍しくないと言われています。

2,000万円の利回り10%物件を自己資金で購入した場合、年間200万円の利益になる計算になります。

ローン利用や設備の劣化、その他に必要となる諸経費、税金を引くといくらになるかはもっと詳細のシミュレーションが必要になります。

買取価格は2012年は40円/kWhでしたが、2018年は18円/kWh、2019年には14円/kWhになっています。

もはや2012年の1/3まで下がってますね。また、そこに対する対策としては過積載によって発電量を増やす対策も進んでいるようです。

太陽光発電の投資は儲かるのかについてのまとめ

表面利回りは2019年時点でも10%前後はあるようです。かなり高いですよね。

いくらの実費をかけて20年後までの実質利回り、利益はいくらになるのかも気になりますね。

20年を過ぎてからの費用、出口戦略まで立てた場合、太陽光発電の投資が良いのか悪いのかについてはなかなか見えていない部分です。

FIT制度(固定価格買取制度)が始まってまだ20年経っていないこともあり、出口戦略まで立てるのはなかなか難しいのかもしれません。

魅力的な反面、先が見えない部分もありますので、今後の情報にはしっかりアンテナを貼っておいたおいた方が良い案件ですね。引き続き情報を集めていきたいと思います。

さらに詳しく知りたい方はこちらのWEBサイトがおすすめ↓

太陽光投資のスマエネ

フラットな立場で情報がまとめられています。

無料のメルマガ登録をしておくと、今後の最新情報が手に入るので便利ですよ。

 

こちらの記事もおすすめ