投資&節約術

dポイント投資で増えたポイントに税金はかかりますか?

dポイント投資で増えたポイントに税金はかかりますか?
いろんな所で貯められるdポイント。貯めたポイントで投資ができるサービスがあるけど、お金と同じように増えた分に対して税金がかかるならしない方がいいかなと思っています。dポイント投資で増えたポイントに税金はかかりますか?

こんなお悩みを解決します。

最近はお買い物で付与されたポイントで気軽に投資できるサービスが増えてきましたね。

この記事ではdポイント投資で増えたポイントにかかる税金について解説します。

結論からお話しますとポイント投資で得た利益にも税金はかかります。

運用方法や金額によっても異なりますので。詳しくは続きをお読みください。

dポイント投資とは

dポイント投資は株式会社NTTドコモが提供する、dポイントを運用ポイントへ移行して投資体験ができるサービスです。

dアカウントがあれば利用可能で、ドコモのケータイ以外の方でも使えるサービスです。

携帯料金の支払いや店舗での買い物などでポイントが貯まり、貯まったポイントは1dポイント=1円として、ショッピングに利用できます。

dポイント投資の仕組みはどうなっているの?

dポイントクラブ会員の方なら100ポイントから運用が始めることができ、運用ポイントが投資信託の価額に連動して毎日変動します。

ポイント投資の運用方法は「おまかせ」と「テーマ」の2つのサービスが選ぶ仕組みになっています。

dポイント投資の手数料はいくら?

dポイント投資には利用手数料はありません。

投資信託の場合にかかるような信託報酬や購入手数料はないんです。

しかも口座開設や本人確認書類の提出などの手続きは不要ですので、コース選択をすればすぐにポイント投資が始められます。

私もやってみたところ、あまりにも手続きが少なくて簡単にできて正直驚きました。

それぞれの運用方法については次の通りです。

おまかせ運用には2種類のコースがある!

おまかせ運用には「アクティブコース」と「バランスコース」があり、どちらか一つを選択して運用を行えます。

「アクティブコース」と「バランスコース」の同時運用はできませんが、後からでも変更できるようになっています。

運用コースの選択

アクティブコース

アクティブコースは債権よりも株式を重視した運用を行い、変動は大きいですが高いリターンを目指すコースです。

バランスコース

バランスコースは株式よりも債権を重視した運用を行っており、高いリターンは目指せませんが変動が少なく安定した運用を行えるコースです。

「おまかせ」運用の各コースは(株)お金のデザインが運用する投資信託の価額に連動します。

2020年3月時点で公開されている直近1年間の運用実績では、バランスコースの方が少し良い成績となっています。

テーマ運用には7種類のコースがある!

テーマで運用には「日経平均株価」「新興国」「コミュニケーション」「生活必需品」「ヘルスケア」「金(ゴールド)」「クリーン・エネルギー」の7種類のコースがあります。

実は、サービスとしてもう1種類、「米国大型株」がありますが、こちらはTHEO+ docomoを利用の方限定となっています。

5つのテーマの中から好きなものを選択して運用でき、同時に複数コースの選択も行えます。

「テーマ」運用は連動対象ETFの運用会社がテーマによって異なります。

日経平均株価コース

「日経平均株価(日経225)」コースは日経平均株価を構成する企業の株式を投資対象とするETFに連動し、時価総額の大きさではなくみなし株価の平均です。

新興国コース

「新興国」コースは、新興国において成長が目覚ましい企業の株式を投資対象とするETFに連動します。テンセント、アリババ、サムスンなどの銘柄があります。

コミュニケーションコース

「コミュニケーション」コースには、SNSや通信サービスなどをグローバルに展開する企業の株式が含まれます。Facebook、Alphabetなどの銘柄があります。

生活必需品コース

「生活必需品」コースには、生活必需品メーカーや、小売業等の企業の株式が含まれます。ネスレ、P&G、コカ・コーラ、コストコなどの銘柄があります。

ヘルスケアコース

「ヘルスケア」コースには、医薬品開発やバイオテクノロジー等に優れた企業の株式が含まれます。Johnson & Johnsonなどの銘柄があります。

金(ゴールド)コース

「ゴールド(金)」は、金地金価格の変動に概ね連動することを目標とするETFに連動します。

クリーン・エネルギーコース

「クリーン・エネルギー」コースには、再生エネルギー発電事業者、電力や環境ファシリティーサービスをグローバルに展開する企業の株式が含まれます。

試しにdポイント投資で運用ポイントに変えてみると、次はTHEO+ docomoの案内が出ました。

どうやら登録すればdポイントが期間限定で200ポイントもらえるようでした。このサービスについては、後程紹介します。

dポイント投資の税金について詳しく解説!

年間50万円以上の利益をポイント投資によって獲得した場合には確定申告が必要になります。

つまり年間50万円までなら、課税されないということになります。

もう少し補足しますと、dポイント投資はいわゆる「ポイント運用」に該当します。

dポイント投資のように現金化せずにポイントのまま運用する場合、ポイント運用で得た利益は、一時所得の扱いになります。

一時所得には一律50万円の控除額が設定されており、1年の利益が50万円を超えない限りは所得が発生しない仕組みになっています。

さらに詳しい説明はこちらの記事にまとまっています。

ポイント投資の税金はどうなる?利益が出たときの税金について
ポイント投資の税金はどうなる?利益が出たときの税金についてポイント投資の税金についての記事。投資に使える代表的なポイントで得た利益にかかる税金や確定申告について、詳しく知りたい方向けです。代表的なポイントは楽天ポイント、dポイント、au WALLETポイント、セゾン永久不滅ポイント、Tポイント、LINEポイント。...

さて、この記事をお読みになっている方の多くはドコモのケータイを利用されていたり、マックカードでdポイントを貯めていたり、すでにdポイントを保有されている方だと思います。

保有されているdポイントをdポイント投資にまわすかどうかの判断材料が気になるかと思いますので、次にまとめておきました。

dポイント投資のメリット&デメリット

dポイント投資を検討する時の判断材料として、メリットやデメリットを紹介します。

dポイント投資のメリット①有効期限が伸びる!

運用ポイントをdポイントに戻した時点からまた新規取得ポイントとしてみなされますので、そのタイミングから48カ月の有効期限に再設定されます。

dポイント投資のメリット②1ポイントから戻せる!

資産運用で増えた運用ポイントは1ポイント=1dポイントとしていつでもすぐに戻せます。

ショッピングや携帯料金の支払いに必要な際にいつでも使えるんです。

dポイント投資のメリット③投資の勉強ができる!

お金を使うことなく、実際の投資信託と同じような経験ができます。

運用コース別のポートフォリオをホーム画面で確認することもできます。

実際の債券や株価の変動に連動した運用になりますので、コロナウイルスの影響など社会情勢の変化によって運用実績が変わります。

ポイントといえども運用するなら増やしたいという思いから、実際の投資で必要な情報の集め方なども意欲的に学ぶことで、お金をかけて投資をする前の練習にもなります。

dポイント投資のデメリット①通常ポイントのみ!

期間限定、用途限定のdポイントは利用できません。

通常ポイントのみ利用可能となっていますので、保有しているポイントが期間限定、用途限定ポイントであれば、利用できませんので、ご注意下さい。

dポイント投資のデメリット②大きくは増えない!

投資信託の利回りは安全重視なら1%、ミドルリスクミドルリターンで4~6%、ハイリスクハイリターンであれば10%台というのが相場となっています。

つまり1年間運用しても増えるポイントは4~6%ぐらいだということになります。

直近1年間のdポイントの運用実績もプラスマイナス10%の間に収まっていました。

さらにdポイント投資は現金などで投資ポイントを追加することはできませんので、ポイント投資のリターンを大きく増やしにくくなっています。

dポイント投資のメリットやデメリットについてはこれまで述べた通りです。

ここで、では資産を増やしたい!という場合はどうすればいいの?という疑問が出てくるかと思います。

ここで魅力的なサービスが、前半で出てきたこちら↓のサービスです。

ドコモユーザー必見!資産運用ならTHEO+[テオプラス] docomo

dポイントが貯まる!1万円から始める資産運用サービスがある!



THEO+ [テオプラス] docomoは、運用額に応じてdポイントもたまる、おまかせ資産運用サービスです。

dポイント投資の不足している部分を補うというよりも相乗効果でdポイント投資の効果も高めつつ、現金の資産も増やせるすごいサービスになっています。

いくつか大事なポイントを紹介します。

テオプラスの魅力①dポイントがさらに貯まる!

運用期間中、運用金額に応じて毎月dポイントが貯まります。

100円につき1ポイント付与されるdポイントは通常の買い物に加えて、投資に回している金額からもdポイントをもらうことができます。

テオプラスの魅力②dカードのおつりを積み立てできる!

dカードでのおつり積み立て機能を設定すれば、自動的に積み立て、運用することができます。

これは思っている以上に便利な機能でして、少額で少しずつ投資に回していけるので、負担に感じることもなく、コツコツ投資ができます。

テオプラスの魅力③ドコモ口座やdアカウントとの連携でストレスフリー!

ドコモ口座を登録すれば振り込みもワンクリックでできますし、dアカウントと連携すればdアカウントでログインできるので、覚えるIDやパスワードを増やす必要がありません。

dポイント投資で増えたポイントについて

今回はdポイント投資で増えたポイントについて税金の話に加え、dポイントを始めるかどうかの判断材料も合わせて紹介させてもらいました。

私個人は非常に良いサービスだと思いましたし、THEO+ [テオプラス] docomoのサービスも利用すれば、さらに始めた後のメリットも高まると思います。

登録だけでポイントがもらえるキャンペーンも期間限定で実施されていますので、迷っている方は登録をしておくと、チャンスを逃すこともないので良いかと思います。

チャンスを逃したくない方はこちらから▼



こちらの記事もおすすめ