AGA情報

はげの原因が気になる!男性ホルモンが多いとはげるのか!

はげの原因が気になる!男性ホルモンが多いとはげるのか!
男性ホルモンが薄毛や抜け毛、ハゲの原因になるって本当?

このような疑問にお答えします。

筆者は体の成長がピークを過ぎて、薄毛や抜け毛が気になり始める方が多い30代。

自らハゲ治療を行って、クリニックなどでも教えてもらって得た知識を、薄毛や抜け毛、ハゲの原因が気になるあなたにお伝えします。

男性ホルモンが多いことがハゲの原因になるのか

「男性ホルモンが多い=ハゲる」

これは間違い。

男性ホルモンといえば、有名なのがテストステロンですね。

テストステロンは、主に精巣で作られていて、男性ホルモンの大半を占めています。

筋肉や血管、毛髪、性欲など、全身で様々な役割を担っていて、加齢によって濃度が変化していく男性ホルモンです。

男性ホルモン(テストステロン)は、特に思春期に大量に分泌されるもので、加齢に伴って減っていくもの。

もし男性ホルモン(テストステロン)が原因ではげるのであれば、加齢に伴って髪の毛が増えてもおかしくない。

はげの原因にはいろんなものがあると言われていますが、このことから

「男性ホルモン(テストステロン)はハゲの直接の原因ではない」

と言えます。

じゃあ、ハゲの原因って何?

ハゲの原因はいくつかあるので見ていきましょう。

★頭がハゲる主な原因は?

ショック_ハゲおやじ

ハゲの原因は主に4つです。

・食生活の乱れ

・頭皮環境の悪化

・過度なストレス

・遺伝によるハゲ

順に解説します。

ハゲの原因①食生活の乱れ

食生活が乱れて栄養バランスが偏ると、髪の毛にも悪い影響が出てハゲやすくなります。

髪の毛もたんぱく質でできているので、たんぱく質が不足するような無理なダイエットはNG。

PFCバランス(たんぱく質・脂質・炭水化物のバランス)の崩れた食生活は髪の毛の成長を阻害してしまうので、薄毛や抜け毛が気になったら、食生活の乱れをなくすことも大切です。

薄毛対策に良い食べ物を徹底解説。食生活から見直す髪活のコツ!
薄毛対策に良い食べ物を徹底解説。食生活から見直す髪活のコツ!薄毛や抜け毛が気になり始めたら食生活や生活習慣の見直し、シャンプーを変える。そしてさらに必要なことは?AGA治療をした人だからこそ分かる情報をまとめました。将来はげるか不安な方は必見のブログ。...

ハゲの原因②頭皮環境の悪化

筋トレやジョギングなどの汗をかくトレーニングやスポーツをした後に頭皮ケアをしなかったり、整髪料を流さずにそのまま就寝してしまったりするのもハゲやすくなります。

そういった頭皮の汚れをそのままにしがちな生活が続くと頭皮環境が悪くなり、健康な髪の毛が育たなくなります。

疲れていても頭皮を守る生活習慣を心がけることが必要です。

ハゲの原因③過度なストレス

ストレスが原因とされるハゲで有名なのが円形脱毛症。

髪の毛の栄養も血液によって運ばれるのですが、ストレスによりノルアドレナリンという神経物質が分泌されると、毛細血管を縮小させて血流が減ります。

髪の毛の栄養が不足して不健康な状態になると、薄毛や抜け毛が進行してしまいます。

ハゲないようにするためにも、適度なストレスを感じたら、無理せずにストレスを発散できるような活動を取り入れるのがおすすめです。

ハゲの原因④遺伝によるハゲ

最近はテレビをはじめとして、いろんなメディアでAGAの広告を見かけるようになりました。

AGAは遺伝による影響が大きくて、薄毛や抜け毛でハゲやすくなる原因の「5α還元酵素」を多く作ってしまう男性型脱毛症のことです。

AGA(男性型脱毛症)は、悪性の男性ホルモンが髪の毛の成長を阻害し、薄毛や抜け毛の症状が出ます。

悪性の男性ホルモンって何?テストステロンじゃないの?

そうなんです。

では、ここからはAGAの仕組み、悪性の男性ホルモンについて詳しく解説します。

AGAクリニックおすすめランキング
AGAクリニックおすすめランキング|薄毛治療ができるクリニック6選薄毛治療ができるAGAクリニックを6つ紹介しています。AGA治療のクリニックを選ぶポイントは、治療メニュー、治療費用、薄毛や抜け毛の治療実績、月1回通える場所かどうかなど。筆者が自分のAGA治療のクリニックを探すために徹底調査しました。...

最近注目されているハゲの原因は悪性の男性ホルモン

悪性の男性ホルモン

ハゲの原因の中でも主に遺伝の影響を受けると言われるのがAGA(男性型脱毛症)。

これは、悪性の男性ホルモンが原因になります。

悪性の男性ホルモンは「ジヒロテストステロン(DHT)」でして、「5α還元酵素」が増えると「テストステロン」を「ジヒロテストステロン(DHT)」に変えてしまいます。

悪性の男性ホルモンは「ジヒロテストステロン(DHT)」は髪の毛の成長を阻害することで抜け毛を促進し、薄毛や抜け毛、ハゲの原因になります。

\全国55店舗で圧倒的な実績/



薄毛・発毛治療専門のAGAスキンクリニック

悪性の男性ホルモンのせいでハゲたらどうなるのか

悪性の男性ホルモン、こわいですよね。

でもまぁ自分はきっと大丈夫でしょ!って思っている方はこちらはこちらの事実を知っておいてください。

薄毛や抜け毛が進行してハゲてしまった方のアンケート結果です。

薄毛に気づいてどれくらいでハゲてしまったのか。

・約50%の方が薄毛に気づいて3年以内にハゲている。

・約20%の方は気づいたらハゲていた。

どうやら薄毛や抜け毛は始まると進むのが早く、ハゲてから気づくことも多いようです。

さらにハゲていても本人に対してストレートに伝えづらく、陰では噂になりやすいもの。

中には薄毛の男性は生理的に無理!という女性もいます。

気づいたら、自分のハゲネタがまわりの噂になっていた!とうことになりたくない方は続きをどうぞ。

ハゲたらモテない?薄毛&抜け毛予防とハゲてもモテる方法はある
ハゲたらモテない?薄毛&抜け毛予防とハゲてもモテる方法はあるハゲたらモテなくなってしまうのか。結婚するなら経済力や内面が大事っていうけど女性の本音はどうなのか?ハゲてもモテる方法も解説しています。自分はハゲてないからと気にしないと後で公開するかも。誰も知るべき真実が詰まったブログ記事。...

ハゲの原因になる悪性の男性ホルモンに勝つ方法

ハゲに勝つ①

AGA(男性型脱毛症)は、薄毛や抜け毛の原因になる「ジヒロテストステロン(DHT)」という悪性の男性ホルモンが、毛母細胞の働きを妨げて髪の成長を止めてしまうことが原因です。

どうすればこの悪性の男性ホルモン「ジヒロテストステロン(DHT)」にかって、ハゲを克服できるの?

悪性の男性ホルモン「ジヒロテストステロン(DHT)」に勝つ方法

現在は、悪性の男性ホルモンに勝てる治療薬がいくつかありますので紹介します。

フィナステリド(プロペシア)

「ジヒロテストステロン(DHT)」を増やす「5α還元酵素」を抑制し、「ジヒロテストステロン」の発生を抑えることができます。

これでこれから抜け毛や薄毛でハゲになるリスクを抑えることができます。

ん?これから?じゃあ、すでに成長が止まって細くなってしまった毛はどうするの?

それには他の治療薬を使います。

細く弱くなってしまった髪の毛を復活させる代表的な治療薬

しっかりした髪の毛が生える土台作り、頭皮を整えてくれるのがこの治療薬。

ミノキシジル

頭皮の毛細血管の拡張を促して血液改善することで、毛乳頭細胞、毛母細胞を活性化させて発毛を促進することができます。

ヘアサイクルの変化によって小さくなった毛包にアプローチし、細い髪の毛を太くしっかりした髪の毛に成長させてくれます。

この2つの治療薬により、薄毛の状態から改善し、今後の抜け毛も抑えてハゲにくくすることができます。

まとめ:ハゲの原因と悪性の男性ホルモンに勝つ方法

勝つ②

ハゲの原因をおさらいします。

男性ホルモンだけじゃない!ハゲの原因まとめ

・食生活の乱れ

・頭皮環境の悪化

・過度なストレス

・遺伝によるハゲ

この4つでしたね。

遺伝が原因となるハゲは、悪性の男性ホルモンが増えることで髪の毛が成長せず、抜け毛や薄毛が進んでしまうもの。

つまり、男性ホルモンが多いことがハゲの原因なのではなく、男性ホルモンの中でも悪性の「ジヒロテストステロン(DHT)」が「5α還元酵素」により増えてしまうと、薄毛や抜け毛、ハゲを促進してしまうんです。

ハゲたらどうする?対策まとめ

こちらの対処は、主に2種類の治療薬が有効と言われています。

・フィナステリド(プロペシア)

・ミノキシジル

これらの治療薬はそれぞれ効果が異なります。

代表的なのは抜け毛が増えないように現状を維持するフィナステリド(プロペシア)と、頭皮の血行を促進し、頭皮環境を整えるミノキシジルです。

最近は研究・開発が進み、ジェネリックや新しい治療薬も増えてきています。

ザガーロ(デュタステリド)というフィナステリド(プロペシア)よりも強い効果が期待できる第二のAGA治療薬も出てきました。

AGA治療のポイントを簡単に説明しておきますね!

これらの治療薬は個人輸入で購入することもできますが、副作用もある為、医師の診察を受けて処方してもらうのが基本です。

治療薬の副作用に注意!

治療薬の副作用は増毛だけでなく、肝機能障害や男性機能低下などもあります。

産毛が濃くなる程度であれば良いのですが、他はこわいですよね。

皮膚科よりも経験が豊富なAGA治療のクリニックが人気です。

AGA治療は保険適用外のため、皮膚科よりもクリニックの方が安くなることも多々あります。

それであれば、実績があって、自分の頭皮の状態やハゲ具合に合わせて最適な治療をしてもらえるクリニックを選びますよね。

具体的な治療方法が気になる方は、筆者のAGAクリニック体験談をどうぞ↓

AGA治療ブログ|効果が気になる方にお届けするクリニック治療体験談
AGA治療ブログ|効果が気になる方にお届けするクリニック治療体験談AGA治療ブログ。アラフォー世代、髪型がしっくりこないと思ったらハゲてました…。AGA治療はクリニックで行うのが一番コスパが良い。AGAのキホンから、筆者のクリニック治療体験まで詳しく紹介しています。...

悪性の男性をホルモン「ジヒロテストステロン(DHT)」や「5α還元酵素」に勝つためのAGAクリニックを探す方はこちら↓

AGAクリニックおすすめランキング
AGAクリニックおすすめランキング|薄毛治療ができるクリニック6選薄毛治療ができるAGAクリニックを6つ紹介しています。AGA治療のクリニックを選ぶポイントは、治療メニュー、治療費用、薄毛や抜け毛の治療実績、月1回通える場所かどうかなど。筆者が自分のAGA治療のクリニックを探すために徹底調査しました。...

この記事を読んでくださったあなたが、これからも薄毛や抜け毛を気にせずに鏡を見ておしゃれを楽しめる生活が送れるように、筆者も願ってます!

こちらの記事もおすすめ